かとうかよ 公式ホームページ
自然体で生きる「自分ライフ」をサポート
|東京|埼玉・所沢|大阪|兵庫|全国|

Blog
ブログ

2021.01.07心のお話

みやぞんの母に学ぶアドラー流子育て

みなさま こんにちは

ライフコーチかとうかよです。

みやぞん、ご存知ですか?
あのリーゼントのお笑い芸人さんで
私も大好きなタレントさんです。


インターネットからお写真拝見しました。

彼を見ているだけで、ほっこりした気分になるのは
私だけじゃないはず・・・笑

昨日、みやぞんの小さい頃のお母様とのエピソードを拝見したのです。

でね、、そのお母様が素晴らしい子育てをされていたのですよね。

それが、本当にアドラー的ですごいんです。

と言っても、きっとお母様はアドラーは知らないでしょうが。

例えばこんな話。

みやぞんが学校で0点をとって落ち込んでいても、

母からは、

「0点か~、大丈夫! 元気で楽しく生きてくれればそれだけでいいんだからね!」

と励まされたそうです。
みやぞんは、成績のことで怒られたことはなく

「お母ちゃんあんたのことを信じてるよ、私が産んだ子やもん」が口癖だったそう。

で、お母様からのアンケート回答にも

「五体満足で生まれてきたことだけでとても幸せなのに、

子どもたちに何かを求めたりするのは違うと思いました」

と書かれてあったそう。

これぞ、存在そのものを認めること。

ありのままの自分でオッケーだと親から言われたら、子供ものびのびと育ちますね。

ほかにも

みやぞんが、友達の家に遊びに行って、

屋根裏に上がってみんなで遊んでたら、天井が抜けたそうなのです。

で、3人は焦って、自分たちで、その穴をなんとかしようと頑張るのですが、

なんともならない。
それで、その子の親に正直に話したらしく、、、

で、その夜、みやぞんのお母様も
そのお宅へ謝罪に行かれたそうなのです。

 

ここまでは普通良くありそうなお話。

この後の母の言動が凄いのです。

普通だと、その帰り道、親にめっちゃ怒られそうじゃないですか。

でもね、

ミヤゾンの母は、ミヤゾンとその友達に叱るどころか、

「大丈夫。あんたらは悪くない。

自分たちでなんとか直そうとしたんでしょ?

隠したり、逃げたりせず、一生懸命直そうとしたのが何よりもエライ」と

褒めたそうなんです。

これって、すごいですよね。

みやぞんの小学校の同級生の方も

インタビューに出られてましたが

「ミヤゾンのお母さんには、いつも自分らの味方になってくれる。」と。

子どもの悪い点ではなく、良い点を見つけるというお母様の教育。

ミヤゾン自身も、母には怒られたことがないと言ってたそうです。

ほかにも、お母様のエピソードは、たくさん紹介されてましたが

全部書けないので、、、講座やお茶会で話したいと思います。

まさに、アドラー的子育て。

昨日は、本当にミヤゾンの笑顔をみていて

嬉しくなっちゃいました。

世の中の親たちがそんな子育てをしたら

自殺する子どもたちは減るし、

ストレスで疲れた大人になることも軽減されるでしょうね。

みんなが、それぞれに

存在を認め、笑って生きる世の中になれば良いなと

思います。

今日も最後までありがとうございました。

 
ココロせんすラボ